無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2017年3月 »

2015年3月

2015年3月15日 (日)

抗がん剤と闘うためにやったことと3つの決意

2014年6月に小さな乳がんが見つかって手術、放射線治療、抗がん剤のいわゆる3大療法(標準療法というらしい)を主治医に示唆された。

実際は手術するまでは、放射線治療で終了する予定だった。7月に手術をし、腫瘍の病理検査をした結果、そのがん細胞が「微少乳頭癌」という、転移しやすい細胞だったため、手術前の方針を変更して抗がん剤治療まで行うことになったのだ。

抗がん剤治療は、とにかく嫌だった。医師にはやりたくないという意思を伝えた。多くのがん患者が苦しむ原因が抗がん剤治療であることを聞いていたし、抗がん剤でがんが治るわけではないことも知識として知っていた。

副作用として主治医は脱毛としか言わなかったけど、それ以外にも色々あることも予想できた。そして何より東京マラソンに当選していたので、体調が悪くなるようなことはしたくなかった。

夫は最初、「医者のいうことなんだから(素直に従ったら?)」という態度だった。しかし、長女に「パパは勉強しなさすぎだよ!」と一喝され、そこから夫婦で勉強が始まった。

がん、主に抗がん剤に対する賛成、反対の本をいくつか集めた。
抗がん剤反対派の代表は何よりこの先生 だろう。

医者に殺されない47の心得 

一方、こちらの先生 は、近藤先生とは真っ向から違う立場で書かれている。
色々読んだなかで、自分に一番しっくりきたのは石原結實 先生の
この本 である。また、石原先生の治療を実践した
この方 のブログや、

済陽先生
食事療法 なども参考にした。

ほかにもまだ様々な本ー医者の書いた本、患者の書いた本ーを読んだ。

悩んで悩んで倒れるぐらいまで考えて、また、高校時代の同級生(医師になっている人が多い。そのなかでも夫婦で乳がんの専門医をしている人がいる)にも相談し、結果的に抗がん剤治療を受け入れることを決めたわけだが、その時、決意したことがある。

1. 抗がん剤は一生に一度、今回限りしかしない
2. 抗がん剤に負けない身体を作る
3. 抗がん剤が終わったら、薬物を排毒するため、断食療法をする

自分のがんは再発可能性が25%、医師の言葉では、標準療法をおこなえばその確率が半分になるという。しかし、それは何万人もの患者の統計数値でしかない。患者にとっては、0または100の世界なのだ。

がんの正しい治療法なんて、本当は医師にもわからない。患者だってわからないけど、わからないなりに選択していくしかないのだ。今回の選択が正しかったかどうか、きっと結論は出ないけど、3つの決意は守って行けるものだと感じている。

4ヶ月の練習でマラソン初心者55歳が初マラソンを4時間半で完走した練習メニュー

子供の頃から走ることが苦手だった。

徒競走も持久走も後ろから数えた方が早かった。運動は好きだけど、走るのは嫌い。

50歳になったとき、「人生も半ばをすぎた。これまでやってこなかったことをやってみよう」と少しずつ走り始めた。でも、せいぜい4キロも走れば上等、というレベルだった。

ところが、2013年9月、「みんなが応募するから応募してみよう」と、なんちゃって応募した東京マラソンの抽選に当たってしまったのだ!! 

困った!というのが最初の感想。いや、絶対無理だろう、10キロだって走ったことないのに、というのが次の言葉。

メールで当選を知らせた夫からのメッセージ。ただ一言「走れる人に教えを乞いなさい」

アドバイスを受けて、早速、当時入って間もなかった「勝間塾」のランニングクラブ、「ウナ勝ランニングクラブ」のメンバー「ふぉとりん」さんにFB経由ですぐに連絡をとった。

そうして作ってくれたのが、エクセルで作った練習メニュー。長距離をほとんど走ったことのない私専用のメニューである。日付、本番までの日数、週、そしてそれぞれの時期の練習ポイントが記されていた。

Img_3946

そのメニューの始まりの日付は10月8日。東京マラソン本番までほぼ4.5ヶ月。本当に完走できるようになるのだろうか。

練習メニューの横にはコメントが書いてある。
「週 3回以上(最大で6回まで)のランニングを習慣づけることです。
ランニングの習慣がない、または回数が少ない方がすぐに本格的な練習に望むと挫折することが多いです。3日坊主ですね。
まずは、ランニングしないと気持ち悪いな~というぐらいまでに習慣化するまでは気楽に走りましょう。週3回が目標です。今走られてる5kmから始めて、週に1キロずつ距離を伸ばしていきます。」

1週目は、5キロの練習を週3回。週ごとに1キロずつ走行距離を伸ばして行く。毎日は練習できないので、1日か2日おき。ただし、3日は空けない。走行距離が10キロになるまでが「準備期」で6週間をかけて徐々に走れる身体を作っていこうという作戦。

私は、写真のように、こなした量、時間を記録していった。確認のため、手帳にもさらに細かく記録していたが、印刷したエクセルの練習メニューをいつも持ち歩いて何度も見直し、練習するたびに直接書き込むことが多かった。

「準備期」が終わると次は「基礎的走り込み期」 。そのときのメニューと、注意点についてもアドバイスが書き込んであった。そうして「仕上げ期」まで、練習ステージが徐々にあがって行く。

さて、「準備期」が終わった段階ですでに11月。残り3ヶ月で本当に走れるようになるのか。
続きは次のエントリーで。

2015年3月14日 (土)

秦野イチゴ狩りツーリング-HONDA VTR250との旅-

今年のテーマの一つは、できるだけツーリングをたくさんして、旅を楽しみ、美味しいものを楽しみ、バイクライフを楽しみ、そして日本のよいところをもっともっと発掘していくこと。

というわけでまだ寒い2月ではありますが、日差しに暖かみが感じられる2月28日(東京マラソンも終わってやっと解禁になった)ツーリングに出かけました。
1月に出かけたみかん狩りがとても楽しかったので、今度は苺狩り。房総半島、三浦半島など、イチゴ狩り名所は色々あるのですが、どこも予約でいっぱい...らしい。

ということで、ちょっと穴場の秦野。秦野初という苺ファームを目指して出かけました。

朝8時自宅出発。東名用賀ICから一路西へ西へ。港北インターあたりはいつもの大和トンネル渋滞があったけど、まだあまりひどくなく早めに海老名SAに。
11時予約の時間に多少余裕があったので、海老名では名物メロンパン(おい、苺が待ってるのに食べていいのか?)で珈琲タイム。
Img_1285_2
このあとは一気に秦野中井ICまで走り、町並みを通過して予定の石田ファームに。苺狩りは30分。それに新品種の食べ比べを追加して一人1900円でご入場。
Img_1295

たわわに実る苺を前に大興奮の自分!
苺は、自分の一番好きな果物なのです。

Img_1288

わずか30分は短いと思われるかもしれませんが、この30分で約50個の苺を食べることができました。いやー満足満足。

さて、このあとはお昼ご飯に出かけた訳ですが、たまたま見つけたのがこちら。

秦野駅前のBIO食堂

お野菜がとても美味しくて(といいつつ、あまりに美味しそうで写真を取り忘れた)、苺に続いて至福のひとときを楽しみました。

冬のツーリングは寒さが大敵ではありますが、今年はちょっと奮発して電熱ウェア、ヒーティック(インナーの上下)を購入したおかげでかなり楽に出かけることができるようになりました。

ヒーティック(インナーの上下)の詳細はこちら

まだまだ「中年おばさんライダー」の旅は続きます。

Img_1179

振り返ってみれば-東京マラソン2015と乳がんとの日々(7)

2月22日の東京マラソンは5時間25分という時間でやっと走りきりました。

振り返ってみれば、今まで生きてきた中で一番苦しい2014年の冬を支えてくれたのが、このイベントであった、と実感します。
ウィークデーは2回の朝4時半起き10キロ走、週末はロング走を組み合わせ、とにかく「スタートラインに立つ」それだけを目指して走り続けた日々。ほかのことを考える余裕も必要もありませんでした。スタートすれば、38キロ地点には仲間が待っている、それだけを希望に練習を続けてきました。
Img_1259
7月の手術、8月−9月に6週間通った放射線治療、11月からの抗がん剤治療。がんそのものは風邪よりも軽いわずか5ミリの小さな腫瘍。だけど抗がん剤の副作用はきつかったなあ。まるでパンドラの筺を開けた時みたいに次から次へと出てくる身体の不具合ー脱毛、発熱、便秘、口内炎、味覚障害、発疹(ほっぺは発疹で林檎みたいになりました)、膀胱炎、貧血、疲労、睫毛がなくなって守るもののない目からは歩くだけで涙が流れるーなどなど...

東京マラソンに出る、この一念がなかったら、おそらく自分はそうした身体の不具合の中で溺れて冬眠するような冬をすごしていたと思います。だけど、そうはしたくなかった。自分では忘れていましたが、友人が「私がマラソンに出ることは西洋医学への挑戦」と言っていたと。そう、医師に「無理」と言われて思わず負けず嫌いな自分が覚醒してしまったのですね。

東京マラソンの競争率は約10倍、2年連続で当たった自分は100人に一人の自分。これは、神様のギフトだと、このことには何か意味があるのだと、そう思い続けたことで辛い冬を乗り越えられたのだと感じるのです。

どんなに苦しくても、「希望」は常に残されている。ありきたりのことかもしれないけど、東京マラソンへの意地?が自分を支えてくれた、あの42.195キロを振り返るとき、そのことを実感するのです。
Img_1270

« 2015年2月 | トップページ | 2017年3月 »