無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月

2013年8月11日 (日)

something new, something good

昔から、近所・親戚のおばさま達に「お母さんの愚痴を聞くのは娘の仕事」と言われ、基本的に素直に守っているのだが、なかなかしんどい時もある。
母がよく、姑(私にとっては祖母)の話は「愚痴と泣き言ばっかりや」と、ぼやいていたので反面教師としてそのようにはならないのかなあ、期待していたのだが、何の事は無い、祖母そのままになってしまっている。祖母の頃より多少なりとも豊かになって、友達もいるし、何でそこまで「不幸」なんだろって思ってしまう。
語る話はすべてold and bad 。「前にも聞いたよ」なんて口を挟もうものなら、より長く続く。でも、人が聞きたいのは、そんな話ばかりじゃないよね。
で、自分はどこまでgood and newを語り続けられるだろうと考える。
自分がこれから何を学んでいくにしても、何に挑戦していくにしても、「若い人に混じってみっともない」とか言われるかもしれないし、誰よりも進歩が遅いかも知れないけど、やっぱり、自分の器をどんどん大きくしていって、たとえ、「年寄りの冷や水」とか言われても、どんなにみっともなくても、キラキラと、good and newを語れる人でい続けたい。
こういう経験もまた、学びの一つかな。

2013年8月 6日 (火)

ストレングスファインダー再び

自分の特徴的な資質を34の観点から分析するツール、ストレングスファインダーで現れた自分の最も高い傾向は、2011年当時、達成欲、目標志向、学習欲、慎重さ、責任感(上位5つ)であった。
最近、新たに受け直したら、上位5つは達成欲、調和性、収集心、学習欲、責任感という結果がでた。驚いたのは収集心である。自分ではモノを溜め込むのが大嫌い。家の中はスッキリ何もない状態が好きなのだ。そこで、それぞれの資質の特徴について解説をよく読んでみると、実は、収集癖はモノに限らないそうだ。つまり、わたしの場合は情報や、知識への欲求がかなり強いということだ。それが、達成欲と、学習欲と合わさった時に、例えば英語の資格なら、通訳ガイド国家資格、TOEIC990点、各種の翻訳関係の資格、英検1級という結果に繋がっている。また、会計関係の資格は簿記3級から始まり、簿記2級、ファイナンシャルプランナー2級(AFP)、そして今、まさに「集めようとしている」CFP資格(6科目合格で取得。すでに2科目合格)などの資格獲得への原動力となっているのだ。
こうした分析で自分を理解し、強みを活かすことで自分を最大限活かして行きたと思う。
さて、秋に向けてまた、新たな勉強を始めた。私の達成欲は怠け心を許さない。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年11月 »